comment 0

フルートバランスキャップを使ってみた

フルートバランスキャップ

フルートの音にもっと重厚感を出したい」
フルートで倍音を含ませた音を出したい」
「もっと明るくてきらびやかなフルートの音を出したい」

と、思ったことはありませんか?
わたしは自分が出すフルートの音はなんだか薄っぺらいなあ…
と少し前から悩んでいました。

そんなときに出会ったのがフルートバランスキャップ
フルートバランスキャップを付けるだけで大体の悩みが解決!(驚
本日はそんなお助けフルートカスタムパーツ「フルートバランスキャップ」を使ってみた感想です。

フルートバランスキャップとは?

フルートバランスキャップの種類

ブルズアイエンタープライズさんが製造している、フルートの頭部管のヘッドスクリューをフルートバランスキャップに付け替えるだけで音色に変化をもたらすことができるフルートカスタムパーツのこと。
素材はシルバープレート・ピンクゴールドプレート・ゴールドプレートのロングサイズ・ショートサイズがあり、各素材や取り付けるフルートのメーカーによって効果が少し異なるようです。

対応メーカーはYAMAHA、SANKYO、MURAMATSU、Altus、MIYAZAWA、POWELL

使い方

フルートバランスキャップ使い方

使い方は簡単!フルートのヘッドスクリューとフルートバランスキャップを付け替えるだけ!中のコルクが動かないように注意して、ある程度ぎゅっと締めてくださいね。

フルートバランスキャップを使ってみた感想

フルートバランスキャップGP

「うわ!音にまとまりができて、芯のある音になった!」
というのが全部ひっくるめた感想。
あまり期待はしていなかったのですが、本当に驚きました。
今回購入したものはフルートバランスキャップLong GP-Yです。

使用環境

楽器:Perl flute cantabile
フルートバランスキャップ:Long GP-Y

音にまとまり・重厚感がでた

特に高音の音に厚みがでたなと感じました。頑張って息を入れなくても高音域がかすれず、ある程度綺麗に聞こえます。低音域・中音域はシルバーにゴールドを追加することであたたかく、より優しい音になりました。
ややソリスティック感があるので柔らかい音を求める場合はピンクゴールドがいいかも。

芯のある音になって・立ち上がりが良くなった

フルートに息を入れると楽器の方で勝手に響いてくれる感じ。
音もクリアになり、息漏れの音も少し気にしていたのですがだいぶ軽減されたように感じます。同じ息の量を入れていてもフルートバランスキャップを付けている時の方が吹きやすい気がします。

音量が増した

ほんの少しですが、低音域〜中音域の音が増したように感じました。

困ったこと

対応メーカーにPerl fluteがない

そう、対応メーカーにPerl fluteだけないんです。
Perl fluteはヘッドスクリューの種類が数種類あるらしく、それに対応したものを作るにはオーダーメイドになりそう。
わたしの場合は島村楽器さんにて試奏した際にYAMAHAタイプのものがちょうどぴったりだったのでラッキーでした。
ちなみにPerl flute cantabileのヘッド部分はこんな感じ。

ヘッドスクリュー

楽器が少し重くなる

Perl flute cantabileはAg958。
フルートバランスキャップロングタイプは28グラムと少し重くなります。

更に詳しく知りたい・試奏したい方へ

島村楽器店にて試奏可能

島村楽器店さんに問い合わせたところ、他店からお取り寄せという形で試奏をすることができました。おそらく他の楽器店でも在庫があれば試奏可能かと思います。

ブルズアイ公式サイト

ブルズアイさんの公式サイトにて詳細を知ることができます。購入も可能です。
フルートバランスキャップ以外にもカスタムパーツがあるので必見!
ブルズアイ公式サイト|フルートカスタムパーツページはこちら

アルソオンライン公式サイト

今回はゴールドプレートの紹介をしましたが、シルバープレート・ピンクゴールドプレートの使用感の説明や購入が可能です。(一番詳しく書いてあります)
また、アルソオンライン限定のフルートバランスキャップ「ガンメタル」はこちらでのみ購入可能。
※このブログで使用している画像はアルソオンラインさまよりお借りしています。
アルソオンライン公式サイト|フルートバランスキャップの紹介はこちら

ブルズアイさんの対応が最高だった

少し話はそれますが、対応メーカーにPerl fluteがなかったため、直接ブルズアイさんに問い合わせてみました。
代表の小山さまとやりとりをしたのですが、驚くほど神 対 応でした
数回に分けて、ネジピッチを郵送して頂き「合うものがあればそれに合わせて制作します。またはヘッドスクリューをお送り頂ければそれに合わせて制作します」と気遣ってくださったり、メールの返信は早い。いやはや助かりました。

おわりに

こういうカスタムパーツって邪道な気がします?
わたし個人的にはそうは思いません。
だって理想の音に近づけば嬉しいし、吹いていて楽しいのが一番ですもの。

少し前はカスタムパーツで補正をしなくても理想の音が出せるような楽器を探したりしていましたが、どんなフルートメーカーでも「自分の音は自分の音」ということを認識しました。
自分にとっての名器というのは「吹いていて楽しい楽器」ということですね。大衆にとってはまた違ってきますけれど。

みなさんも理想の楽器に出会えますように♪
なお、記事の内容はわたし個人の見解によるものですので悪しからず。

ランキング参加中。よかったらぽちっとお願いします(*。・ᴗ・。)

フルートブログランキング

Leave a Reply